そしてこうなったのでした。

じゃじゃむねっと

台湾

台湾土産、断トツ一番美味しかった菓子「芋頭酥(タロイモのケーキ)」

更新日:

パイナップルケーキがいいよ、って言われても…

台湾土産といえば定番パイナップルケーキ。

しかしパイナップルケーキは有名なだけあって販売メーカーが非常に多く種類も様々。

そんなわけでパイナップルケーキと言っても美味しいものから美味くないものまで種類が豊富すぎるんです。そしてお土産を頂く人も、台湾土産=パイナップルケーキみたいなことに飽きていることもあったりします。

そこで今回自信を持っておすすめの台湾土産、芋頭酥(タロイモのケーキ)のご紹介です。

芋頭酥(タロイモのケーキ)とは?

空港のお土産店でも見かける薄紫色の箱に入ったお菓子で、自分が特におすすめなのは先麥芋頭Q。
先麥芋頭Q、6個入(封口包)/$240なので、約880円でした。※2017/06レート調べ

先麥(しゃんめい)がメーカー名称で、芋頭酥(タロイモのケーキ)を製造販売しています。芋頭酥にも種類があって、芋頭Qというのが自分の中ではベスト。

ただこのお菓子、防腐剤を一切加えないこだわり原材料で身体にも優しいお菓子!なのはとっても嬉しくて良いのですが、デリケートでかさばる上に賞味期限が短いという点、注意が必要です。

遅くとも購入から一週間以内に相手へ渡したい。自分で食べるならしっかり個装されているので多少賞味期限過ぎても全然へっちゃらでしたが、お土産としてなら一週間がリミット。

それでも最高のお土産を望むのであれば、何よりも自分はこれをオススメします。

賞味期限が短いということは、製造している台湾でしか買えないということになり、台湾へ行かないと買えないお菓子だよ、と言ってあげられるので、商品価値がさらにUP!

和菓子が苦手で洋菓子派の人にも、和菓子が好きな人どちらにもおすすめできる素晴らしいお菓子なので、これをもらった人はこんなステキなお菓子が売られている台湾へ行きたくなるほど美味しい?!かもです。

先日そんな先麥芋頭Q、6個入を台湾土産でいただきましたので、フォト付きでレビュー。

外装(化粧箱)

先麥芋頭酥(タロイモのケーキ)外箱サイズ

化粧箱はこんな感じで紫一色のデザイン。箱サイズは24cm×15cm×5cmでした。それなりのサイズですが、これで中身個別包装で6つ入っています。重さもそれなりに。

重さ

今回も買ってきたので、重さを量りました。6つの芋頭Qが入った上記の箱で約440グラム。

箱中身

芋頭酥外箱開けた

箱を開けるとこんな感じで並んでいます。これは2種類入っていますが、お店でどれを入れるか指定できるので、3種類にも4種類にもできますが、今回は一番基本の芋頭酥と、芋頭Qの2種類にしてくれたようです。

4種類の内訳

タロ芋菓子種類

ちなみに4種類はこんな感じで、プレーンな芋頭酥(左上)、プレーンに餅が入った芋頭Q(右下)、卵の黄身が入った蛋黃酥(右上)に、新一代もプレーンぽいですが、何が違うのか…?

自分的には今回入れてもらった2種類で十分、でさらにどちらかというと芋頭Qのほうがより優しい飽きがない味わいで好きです。Qの中央白い部分はおもちのような白玉のようなほんのり甘いもっちもちの食感です。

個装

タロ芋個装

柔らかくデリケートなお菓子ですが、しっかり個装されているのでとても安心。でもそのせいで一つが大きくなってしまっています。食べごたえのあるずっしりしたお菓子。

個装を開けていよいよご対面

タロ芋菓子中身

ビニール袋から出すと、こんな感じ。照明の関係もあるかもしれませんが意外と紫ではない?透明トレイに収まっているので、形が壊れないようしっかり保護されています。さきの外箱もあるので、よほどの力を加えなければ潰れたりもしないでしょう。

手にとった様子

タロ芋菓子手にとって

自分の手は普通サイズかなと。で、コレぐらいのサイズ感。直径6cm程度でしょうか。これ一つで60g以上はあるでしょう。一つのお菓子で60gだと、大福(和菓子)より軽いけど、キットカット(洋菓子)よりは重量級。

しっとりした柔らかいお菓子でそれなりのボリューム感があるので、一つで結構満たされる食感と味わいに溢れています。

スポンサードリンク

一口食べて中身紹介

タロ芋食べた所

真ん中がお餅?白玉?のようなもっちもち食感で、その周辺がタロ芋の餡になっています。

程よい甘さとこの素材の組み合わせが絶妙で、原材料的にも洋菓子より安心して食べられるし、食べた後に胃もたれなど内蔵負担の無い感じが嬉しいです。

和菓子のほうが胃腸への負担は少ないと思いますが、それほどストイックでないと言いましょうか…美味しいんです。絶妙なさじ加減。

まとめと感想

うますぎたタロ芋菓子

最初に食べたタロ芋のケーキは違うメーカーだったかもしれませんが、台北の空港で購入、自分用に買って食べたところ、それは美味しい驚きで今でも鮮明に記憶しています。

パイナップルケーキももちろん美味しいですが、本当に種類が有りすぎるので、これはまた改めて情報整理して投稿できればと思っています。

先麥の社長さん日本のお菓子工場をたくさん回って日本の菓子製造工程から多くのことを学び、同じ製造機械を取り入れて清潔な環境で丁寧な商品造りをされているそうです。

まずはご自身用で一つ購入、その場で食べてから判断することもできますから、先麥(しゃんめい)タロ芋ケーキ、ぜひお忘れなく。

追伸~よく行く高雄の先麥お店紹介

高雄のタロイモケーキお店

高雄/彩虹市集專櫃(新光三越左營彩虹市集3F)※地図は下の所在地一覧へ
高雄市左營區高鐵路115號3樓 電話:07-3419347

自分は最近もっぱら高雄ばかりなので、行った時には高雄のデパート新光三越で購入することが多いです。

2017年行った際のお店はこんな感じで、日本のデパ地下同じ感じ。ほかにも様々な種類があって、先麥のパイナップルケーキもあって食べたことあるんですが、これはこれで美味しいです。でもやっぱり先麥きたら芋頭Qを買います。

高雄のタロイモケーキお店

台湾ではよく見かける5個買ったら1個サービスの販売促進POP広告。

そこでしか食べられないタロイモのアイス

高雄のタロイモケーキお店で発見したアイス

これは店頭で見かけたタロイモのアイス。まだ食べてない…失敗でした。このとき食後でたらふく食べた後だったので、今度行ったら食べないと!その場では食べられる感じではないですが、近くにフードコートがあるので、今度行ったらそこで即行食べます。

ほかの先麥SHOP所在地

以下の情報はメーカー公式ページからの抜粋情報。写真はグーグルストリートビューから抽出画像です。※2017年12月調べ

台北 / 南港專櫃
台北市南港區忠孝東路七段371號B2F(南港車站環球南港店B2F)
電話:02-26517758

台北/微風台北火車站 (台北火車站1樓.南一門)
台北市中正區北平西路三號
電話:02-23144588

台北/京站專櫃(台北轉運站 京站時尚廣場)
台北市大同區承德路一段1號B3F
電話:02-25525067

台中/ 朝馬店 (直營門市)
台中市西屯區台灣大道三段570號(台中市台中港路2段124-3號)
電話:04-24526070

先麥(しゃんめい)台中の直営店

台中/大甲總店(鐵砧養芋)
台中市大甲區鎮瀾街140號
電話:04-26762666

台中/清水專櫃(國道三號清水服務區)
國道三號(中二高)清水服務區
電話:04-26202887

台中/大雅廠 (總公司)
台中市大雅區中山十一路79號
電話:04-2567-6689
※ここは会社事務所っぽく、店ではない様子。

先麥(しゃんめい)本社

台中/ 中港店 (直營門市)
台中市西屯區台灣大道三段496號(台中市台中港路2段122-6號)
電話:04-27082268
営業時間:8時30分~22時30分

台中/國光站前專櫃
台中市東區新民街88號
電話:04-22250629

高雄/彩虹市集專櫃(新光三越左營彩虹市集3F)
高雄市左營區高鐵路115號3樓
電話:07-3419347

高雄 / 漢神巨蛋專櫃
高雄市左營區博愛二路777號 B1先麥專櫃
電話:07-5229309

ほか詳しい情報はメーカーサイトへどうぞ

スポンサードリンク

-台湾
-

Copyright© じゃじゃむねっと , 2018 All Rights Reserved.