そしてこうなったのでした。

じゃじゃむねっと

台湾

湾生回家(劇場版パンフレット付) [DVD]買いました

更新日:

以前の投稿でご紹介しているように、うちではYouTubeで公開されている台湾のニュース番組LIVEをTVに接続してあるChromecastへ飛ばして頻繁に見ています。そんなニュース番組でのことだったか、出てきた「湾生(わんせい)」という聞きなれないキーワード。漢字の見た目からして台湾で生まれた人?ぐらいなイメージでしたが、それをどうしてわざわざ湾生と書くのか。その訳を調べてみると、なんとも言えない日本と台湾の繋がりを知ることになりました。

「湾生(わんせい)」とは、歴史に翻弄され、台湾を離れた日本人。

昨年日本でも上映された「湾生回家(わんせいかいか)」という映画があります。台湾の若きホープの監督作品で、湾生たちにインタビューしつつ、物語風に話が進行するドキュメンタリー映画。台湾では上映そうそう多くの人に支持され、湾生という言葉を知らない若者まで足を運び、ドキュメンタリー映画としては珍しいロングランヒットを記録、16万人の台湾人が涙したという「湾生回家」。そんな映画の予告編をみて、ぜひ劇場へ行きたいと思ったのですが、機会を逃してしまいました。

Amazonで劇場へ行った気分にさせてくれる「湾生回家」DVD特典

スポンサードリンク

そして今年になってAmazonで検索すると、なんと早期予約特典付きの「湾生回家」が!見つけ次第即注文。そして昨日、受け取った記憶はないのにアマゾンから注文完了を知らせるメールを受信。ポストへ走ると、ありました。

特典とは「湾生回家」劇場パンフレット。映画DVD購入で、こんなにも嬉しい特典はほかにあるでしょうか。即買いしたのはこの特典があってこそ。Amazon素晴らしいです。

まとめと感想

この記事投稿の時点で、じつはまだDVD未開封です。受け取った後すぐに仕事で出てしまったので、落ち着いたらゆっくり鑑賞しますが、一人で見ます。多分泣きそうなので。きっと泣く。予告編でもうやばかったので。歴史の教科書にはない、台湾と日本の歴史。そしてこのドキュメンタリーに登場する方々は、今もこの日本で、そして時には台湾で生活しています。

スポンサードリンク

-台湾
-

Copyright© じゃじゃむねっと , 2018 All Rights Reserved.