そしてこうなったのでした。

じゃじゃむねっと

カメラ 台湾

SIGMA DP2 Merrillを持って高雄探訪フォト

更新日:

台湾で赴くままにDP2Merrillで撮影

台湾へ行っていた時に気づいたx3fファイル。それが楽しくなって高雄滞在しているときバッテリーとSDカードの容量が許す限り撮影したときのフォト。

x3fファイルがPhoto Proで色々いじれても、いじりすぎるとその時点で画像が破綻することもあります。

上記はx3fファイルと一緒に保存していたJPGファイルをPhotoshopで開いてCamera Rawフィルターをかけたものです。そのほうが調整し易いこともあるようです。

この手のシチュエーションも、Photo ProでX3 Fill Lightのパラメーターをいじりすぎると、太陽周辺がとたんにおかしくなります。よってこれもJPGをPhotoshopのCamera Rawフィルターで処理。

高雄では有名な三鳳堂(どうよむのかな?)正面を流れる川岸から撮影。PhotoshopのCamera Rawでちょっといじりすぎました。お寺の細かい部分の表情が見て取れるDP2 Merrillで撮影が生きる1枚です。

スポンサードリンク

台湾でもヤマト便、大活躍。制服も日本と同じで、配達においても日本ブランドであることが信用されるんでしょう。

上記はPhoto Proで現像書き出しそのまま。パラメーターはこんな感じで、X3 Fill Lightは0.8ぐらいが自然な表情としては使いやすい数値でしょう。

看板が多く有るこんなロケーションもDP2で撮影すると後でいろいろな発見ができる楽しい1枚です。例えばほぼ中央にある牛肉麺のお店の電話番号を知りたい!というときは、よってみます。

Photoshopで100%表示した画面をスクリーンショットしてみてました。はっきり七桁の電話番号が確認できました。ここまでの解像力はさすがDP2!といったところです。コンパクトなボディでここまで記録できるのは驚異的です。

まとめと感想

DP2はボディもレンズもコンパクトなほうなので、持ち歩くにはいいカメラです。ただ画角が狭くなるので、画角を広くとれるカメラも欲しくなりますね。

スポンサードリンク

-カメラ, 台湾

Copyright© じゃじゃむねっと , 2018 All Rights Reserved.