そしてこうなったのでした。

じゃじゃむねっと

Profile

初めて触ったパソコンは「Macintosh Performa 630」でした

「パソコン、買ってこい」と当時実家に居た自分に父が一言。おそらく1994年あたり。パソコンって?ワープロでなくて?みたいな認識だった自分。

当時はまだパソコン=Windowsという認識はまるで無く、Windowsも95以前の時。初心者でも分かりやすく、シンプルに洗練されたデスクトップを有していたパソコンといえばApple ComputerのMacでした。

そして購入したのがPerforma 630とApple Color StyleWriter 2400というプリンター。パソコンだけでは、何かをした結果が見えない、わかりにくかったので、当時実家事務所にあったワープロと比較するためにもプリンターを買ったんじゃなかったかと思います。

このプリンターはCanon、それともヒューレット・パッカードのOEMかなと。CMYKの4色インクでカラーのプリントができることは、1994年当時では画期的でインパクト大。バンドルされていた子供用お絵かきソフト「キッドピクス」で描いた適当なイラストがカラーでプリント出来たこと、描いた絵を簡単に塗り替えられることがとても衝撃的で、それがみるみるプリンターからきれいなカラーで出てきたことを今でも鮮明に記憶しています。

文章を作成するのはクラリスワークスがバンドルされていたように思います。今のMacは取扱説明書もほぼ無いですが、当時はバンドルされていたソフトごとに取説が入っていたので、色々な冊子取説があったイメージです。その時の様子を写真でもとっておけばフォト付きでレビューできたのに。

その翌年あたり・・・今度は自分のパソコンを購入。その時は仕事の関係からもアップルコンピューターのPowerPC7200を購入。購入したパソコン本体(マウスとキーボードはセット)、モニター、MOドライブ、HPのプリンター、スキャナー、増設用のメモリで合計40万円以上したように思います。

そしてモニターと本体を接続、画面が映るようにセットできるまでには半日かかりました。

さらにプリンターはMacのプリンター用ケーブルで接続し、スキャナーとMOドライブは巨大なスカジー(SCSI)端子に接続。一通り使えるようになるまで一週間以上かかったと思います。

更新日:

Copyright© じゃじゃむねっと , 2018 All Rights Reserved.