そしてこうなったのでした。

じゃじゃむねっと

カメラ

衝撃!dp0 quattroこれでも故障じゃありませんデータ公開

よくいえば奇跡的なアートな一枚。悪くいったら故障でしょ、って作品。

SIGMA dp0 quattroってここまでやんちゃっていう撮影データ

dp0あるあるなんでしょうか。

少なくとも自分のdp0ではよくあります。

修理出せばいいんじゃ?って思うのは当然お話で修理出して異常なしで戻ってきてこれなんです。

dp0で撮影激しいノイズが走った1枚目

2018年8月に台灣で撮影した一枚。

ファイル名:_SDI1462.JPG
ファイル形式:JPEG
画像サイズ:19.6 MP (5424 x 3616)
ファイルサイズ:10.22MB
撮影日:2018/08/12 20:23:31
露出モード:P-プログラムオート
露出補正:0.0
ISO感度:2500
ホワイトバランス:オート
カラーモード:ビビッド
シャッタースピード:1/30 秒
絞り値:F4.5
フォーカスモード:AF-S-シングルAF
焦点距離:14mm ( 35mm換算 : 21mm)
レンズモデル:SIGMA dp0 Quattro
カメラ:SIGMA dp0 Quattro 91000054
ファームウェアバージョン:2.02.0.276D

dp0で撮影の一枚JPG撮って出し

撮影時、背面液晶モニターでは、このグリーンやマゼンタの横線が激しく幅を変えながら動いていました。

又来た・・・という感じでそのままパシャった一枚。

dp0で撮影大丈夫だった2枚目

ほぼ同じ場所で若干向きを変えて撮影した一枚。

最初のISOが2500だったのに対し、これはISO1000になっているので、大丈夫だったのか。

スポンサードリンク
ファイル名:_SDI1463.JPG
ファイル形式:JPEG
画像サイズ:19.6 MP (5424 x 3616)
ファイルサイズ:11.00MB
撮影日:2018/08/12 20:24:59
露出モード:P-プログラムオート
露出補正:0.0
ISO感度:1000
ホワイトバランス:オート
カラーモード:ビビッド
フラッシュ:非発光
シャッタースピード:1/30 秒
絞り値:F4.5
測光モード:評価測光
フォーカスモード:AF-S-シングルAF
焦点距離:14mm ( 35mm換算 : 21mm)
レンズモデル:SIGMA dp0 Quattro
カメラ:SIGMA dp0 Quattro 91000054
ファームウェアバージョン:2.02.0.276D

大丈夫だったdp0の撮って出し一枚

この後さっきのようなノイズが走ることがこの日は無かったので、どうしたらあんなノイズが走るのかよくわかりません。

まとめと感想

修理で直接神奈川に有るSIGMA本社へ行った際、背面液晶モニターでもノイズが走っている様子は窓口の人に見せて、これって正常なんですか?というやり取りをしました。

「一度お預かりしてチェックしてみます。」ということで、3週間後に宅急便で自宅に届き、異常なしという結果。

これで異常なしということなんで、光量が無いときはノイズが走ることがあるという解釈になりました。

今回のデータではISO2500で大量ノイズ発生でしたが、経験則としてISO400でもISO100でも、光量が無ければdp0は同じ結果になります。

quattroセンサーの泣き所。4:1:1のフォビオンセンサーのメリットである容量を抑えつつピクセルロケーションをキープできることの反作用として暗がりではノイズが走るかもしれない。

そんなことはもちろんメーカーサイトでは書いてないし、注意書きとしても見たことがなかった。

光量が少ない場合には鬼門になる設定など把握しておきたいところですが、その現象がいつでるという法則がつかめていないので、まだ対処方法がありません。

そしてあったとしても、quattroセンサーの泣き所が解消されるわけではないので、1世代終焉を迎えたquattroセンサーは消えて当然の代物というほかないのかもしれません。

ということでこの偽りのピクセルロケーションに食傷気味になったので、最近はDP2 Merrillとなかよしです。

スポンサードリンク

-カメラ
-

Copyright© じゃじゃむねっと , 2019 All Rights Reserved.