そしてこうなったのでした。

じゃじゃむねっと

カメラ

LUMIX TX2とDSC-RX100M5のスペック比較表

更新日:

パナソニックとソニーのコンデジ比較2018

2018年3月15日付で発売となったパナソニックのコンパクトカメラ新商品。強豪製品ソニーのRX100M5とどう違うのか比較レビュー。

ソニーとパナソニックのコンデジ対決

スペック比較

製品名LUMIX DC-TX2サイバーショット DSC-RX100M5
メーカーパナソニックSONY
ブラックブラック系
発売日2018/3/152016/10/21
総画素数2090 万画素2100 万画素
有効画素数2010 万画素2010 万画素
ローパスフィルターレス
撮像素子1型MOS1型CMOS(裏面照射型)
焦点距離(広角)24 mm24 mm
焦点距離(望遠)360 mm70 mm
F値(広角)3.31.8
F値(望遠)6.42.8
光学ズーム15 倍2.9 倍
マニュアルフォーカス
デジタルズーム4 倍44 倍
シャッタースピード60~1/16000 秒30~1/32000 秒
撮影感度通常:ISO125~12800拡張:ISO80、100、25600通常:ISO125~12800拡張:ISO80、100、25600
最短撮影距離50cm(標準)3cm(マクロ)5cm(標準)
記録メディアSDカードSDHCカードSDXCカードSDカードSDHCカードメモリースティック DuoメモリースティックPRO DuoSDXCカードメモリースティックPRO-HG DuoEye-Fiカード
記録フォーマットJPEG/RAWJPEG/RAW
起動時間1.7 秒
液晶モニター3インチ124万ドット3インチ122.88万ドット
タッチパネル○ 
ファインダー0.21型フィールドシーケンシャル方式(233万ドット)電子式ビューファインダー(235.92万ドット)
ファインダー方式電子式電子式
電池タイプ専用電池専用電池
専用電池型番 NP-BX1
撮影枚数370枚220 枚
連写撮影10コマ/秒24コマ/秒
動画撮影サイズ3840x2160(4K)3840x2160(4K)
4K対応連続15分連続5分
記録方式AVCHD Progressive/AVCHD/MP4XAVC S/MP4/AVCHD Ver2.0
フレームレート30 fps30 fps
最長撮影時間約50分約35分
手ブレ補正機構光学式光学式
タイムラプス 
自分撮り機能 
AF自動追尾機能
セルフタイマー10秒/10秒3枚/2秒10/5/2秒
チルト液晶 
バルブ撮影
顔認識
備考おまかせiA/顔認識顔検出/瞳AF/スイングパノラマ/スマイルシャッター
Bluetooth対応(常時接続) 
Wi-Fi
Wi-Fi Direct対応
PictBridge対応
幅x高さx奥行き111.2x66.4x45.2 mm101.6x58.1x41 mm
重量本体:298g総重量:340g本体:272g総重量:299g
3D撮影
360度カメラ
内蔵メモリ
クレドール付属
スイバル
バリアングル液晶
GPS機能
防水機能
価格116,800円+税119,880 円+税

LUMIXで気になったGOODポイント

ポイント1 光学望遠15倍

このサイズで光学望遠15倍、ソニーの約5倍よることが出来ます。今SIGMAの単焦点しか持っていない自分にはかなり魅力を感じました。

スポンサードリンク

ポイント2 4K連続撮影15分

これはソニーと比較して3倍スペック。これもスチル専用SIGMAのカメラしか持っていない自分には驚異のスペック。

ポイント3 Touchディスプレイ

カメラでは体感したことが無いので、異次元スペックですが、これはぜひほしい。

ポイント4 星空AFとローライトAF

この機能はソニーと比べて具体的にどの程度差があるのはわかりませんが、パナソニックのサイトに上記2つのAFについて記載があったので自分的にはGOODでした。

まとめと感想

Cyber-shotのほうがスチルよりなテイストで、LUMIXのほうはよりマルチな印象に。

この内容でどちらにも良し悪しあっても、自分的にはLUMIXが魅力的に映りました。

自撮りは自分はしないですが、これを子供に貸したりすると、バリアングル液晶あったほうがいいんだろうなーと思ったり。

普段SIGMA dp0 quattro、DP2 Merrillのカメラしか使っていないので、最近のコンデジの多機能ぶりにビックリ。

色々な多機能ぶりはiPhoneで事すませば良いように思っていましたが、これだけ高機能&高画質ってところを魅せられると、しばしSIGMAとお別れしてLUMIXへ20年ぶりに舞い戻ってみたくなりますね。

でも結局自分にはカリッカリ変態高解像度のdp0 quattroが性に合っているのかもしれません。

追伸

RX100M6が出たかと思えば、その一ヶ月後にRX100M5Aがリリース。ソニーのカメラ熱はすごい。iPhone(ソニーのカメラモジュール)ユーザー=ソニーのカメラユーザーという感じで、AppleがiPhoneのカメラは素晴らしい=ソニーのカメラモジュールなしでは語れないという状況で、密かに世界を席巻しているソニー。

ここ数年新しいカメラはリリースしていないSIGMAのほうが、精神衛生上は持ってて落ち着くし、DP2 Merrillは、どちらか(自分かDP2か)が死ぬまで使い続けるだろうことを思うと、こうした状況を外から見ている方が楽しいかもしれません。

と、思い、新しいカメラを買ってはブログを更新して、高額カメラを買った自分を正当化するからは距離を置こうと思います。もっと別な楽しみがほかに沢山あることに気づいてしまったので。

SIGMAとともに。

スポンサードリンク

-カメラ
-,

Copyright© じゃじゃむねっと , 2018 All Rights Reserved.