そしてこうなったのでした。

じゃじゃむねっと

生活

スマホを子供に初めて持たせる時のお約束書面を先進国に学んで日本向けに作成してみた内容

更新日:

スマートフォンを始めて持たせる年齢は年々低年齢化している傾向にありますが、はじめにちゃんとした約束事を決めておかないと後々トラブルになることがあります。

どんな約束を交わせばいいのか調べ、自分でもお約束書面を作成してみました。

海外に学んだお約束書面

子供にスマートフォンを渡してから色々気づくことが有りました。そして子供のほうが機能を覚えるのが圧倒的に早く、気づけば勝手にパスコードで見られないようにされたり、夜遅くまでLINEで友達とやり取りをしていたり。

スマートフォンがおもちゃではなく、便利な半面様々な危険をはらんでいることを渡した後でもちゃんと伝える必要があります。

海外にあった素晴らしいと称されていたスマートフォンと1枚のお手紙が以下サイトで翻訳されています。

13歳の息子へ、新しいIPHONEと使用契約書です。愛を込めて。母より

これには続きがあり、続いてお父さんから秘密の助言。

13歳の息子へ、iPhoneの使用契約書みたよ。父からの秘密の助言書

なるほど!父からの助言書まで素晴らしい内容でしたが、我が家にはちょっと恥ずかしいストレートな表現だったり、合致しない部分があったのでうちではこんな感じという内容にしてみました。

中学一年生になった息子へ改めて我が家のルールとしてまとめてみました

うちでは子供自らの希望で小学5年から塾へ通うようになり、受験。そして中学生になって受験から開放され、スマートフォンを手に入れて自由な生活スタイルになります。

LINEの交換をして、複数の異性とのやり取りにも夢中になる。スマートフォンを無秩序に利用させ続けることに危険を感じ、作成したのが以下内容です。

子供へ 「我が家の約束」

中学生になり行動範囲や人間関係にも広がりができて日々様々な刺激があることでしょう。しかしそれは同時に様々な危険と隣り合わせであることも常に認識してください。未成年の今は、親が決めたルールにそって生活することを原則とします。
以下内容は、今後の家族との約束を記述したものです。
私たち親としての仕事もわかってほしい。あなたを「健全で豊かな人間性ある現代テクノロジー活用に長けた大人」に育てなければならないということを。

●iPhoneの約束

中学へ進学しiPhoneの所有権を与えられました。しかし、受理すると同時にルールや規則があります。
13歳は子供と大人の中間点。大人でも管理が難しいiPhoneを使う上で、今は私たちの決めたルールに従って、iPhoneに依存しすぎない生活をしてください。
規則を守ることができなかった場合、あなたのiPhone所有権は無効になります。

1. これは親の携帯です。私たち親が買いました。月々の支払いも私たちがします。あなたに貸しているものです。※成人になるまで通信端末の契約をすることは出来ません。

2. パスワードはかならず私たちに報告すること。

3. これは電話です。そして通信端末です。発信者が家族だったら必ず出ること。

4. 学校がある日はAM7:30~PM9:00、週末はAM9:00~PM10:00まで通信通話を終えること。

5. 無くしたり、破損させた場合の買直し・修理費は自己負担です。お小遣いでカバーしてください。

スポンサードリンク

6. このテクノロジーを使って嘘をついたり、人を馬鹿にしたりしないこと。人を傷つけるような会話に参加しないこと。人に面と向かって言えないようなことをこの端末を使ってしないこと。

7. 私たちと共有できるような情報をウェブ検索してください。質問や疑問などがあればまず誰かに聞きなさい。なるべく私かお父さん、おじいちゃんやおばあちゃんなど。

8. プライバシーに関する個人情報・写真・データのやり取りはしないこと。それらは世界中へ拡散される可能性があることを知っておくこと。

9. この使用契約書にない記述でも、親の判断において不適切な使用と認められた場合、iPhone所有権は無効になります。

●外出の約束

家族、じいちゃんばあちゃんに一切迷惑をかけることが無いように以下ルールを理解してください。

1. 友人と遊ぶ約束は、すぐに決めずに家族へ確認してからすること。

2. 行く場所とメンバーを告げること。

3. 門限は21時とし、それまでに帰宅できるように行動すること。

4. 事前に出先で使う出費を計算し、余分なお金を持たないようにすること。

5. 学業最優先とし、成績が下がった場合は外出禁止などの措置をとる。

●交際の約束

異性との交際は最近では早い段階で経験することもあるでしょう。しかし未成年である以上、普段の生活同様ルールに従って行動することを原則とします。
これはあなたが思っている以上にとても重要なことです。最悪の場合、家族が被る被害や慰謝料はあなたの想像を絶する額になることもあり得るのですから。しかし守らなくてはならないルールはシンプルです。

1. どんな理由でも完全に二人きりになる場所へは決して行かないこと。または数名でも友人知人のみの閉鎖された場所へは行かないこと。

2. 友人、知人のみで外泊は一切許可されない。

●金銭の約束

義務教育で学業を優先で進める立場において、金銭は保護者や家族からの小遣いによって賄われます。使い方、管理の仕方のルールに従ってトラブルにあわないよう注意してください。金銭は思いもよらないトラブルに発展する危険性を秘めてます。

1. 自身の所持金をしっかり管理し、使用する場合はその都度親へ進言すること。また管理ができない場合は、親に管理を委ねること。

2. 友人など家族以外と外出する場合、他人分の遊戯代、飲食代、交通費など負担しないこと。

以上、●●家の約束を理解、承認し、原則厳守することをここに約束します。

平成  年  月  日  氏名

PDF2枚にまとめた汎用使用のデータ → スマホ約束書面(空)ver.05

まとめと感想

暫定内容でまた追々加筆、修正が必要かと思っていますし、どこでもそうかもしれませんが母が強いので母寄りのお約束内容になっています。

なので正直、子供にはちょっと縛りキツメの内容ですが、今まで無秩序、ルールなしでの使用だったので、スマートフォンというものが今の中学生にとってどういうものかという認識を持てもらうにはこれぐらいでも良いかもしれません。

併せて今後の家族ルールも付け加えてみましたが、これも賛否両論になるでしょうが、それはそれで改めて大事なことに目を向けるきっかけになれば幸いです。

スポンサードリンク

-生活
-

Copyright© じゃじゃむねっと , 2018 All Rights Reserved.