Software

ワンダーフォックス 動画コンバータで動画ファイル最適化

WonderFox HD Video Converter Factory Proで快適動画生活送りましょう♪

WonderFoxとは?

ファイヤーフォックスじゃなくて、ワンダーフォックスで、ワンダーフォックスのブランドが10周年というパソコンソフトとしては歴史があって多くのユーザーに支持されていることがよくわかります。

ビデオコンバーターファクトリーについて
Digiartyは、2005年に設立されたVideo Converter Factory Corporationで、マルチメディアソフトウェアソリューション、DVDプレーヤー、ビデオ/ HDビデオ変換などを専門とするソフトウェア会社です。優れた品質とサービスにより、世界中に30万近くのクライアントがいます。

上記は2010年当時の情報で、現在のホームページを見るとユーザー数は3000万人ということで、100倍に膨れ上がっています。大人気。

社名が変わることはよくあり、トリオが製品ブランド名のKENWOODになったり、ナショナルがパナソニックにしたことと同じく、ワンダーフォックスという製品ブランド名が今は社名になったのはユーザーの認識に合わせた然るべき進化でしょう。

ビギナー向け動画変換ソフト「WonderFox HD Video Converter Factory Pro」とは?

WonderFox HD Video Converter Factory Pro(ワンダーフォックス エイチディ ビデオ コンバーター ファクトリー プロ)がもたらす快適動画生活。

パソコンやスマホで動画コンテンツを見ることが当たり前にできるようになると、見たい動画はいつでもどこでも見たい。

見たいと思ったとき、どこに居ても見たい動画が見られるようにするベストな方法は、動画ファイルを最適な状態で所持しておくということ。

そんな快適動画生活を全面的にバックアップしてくれるのが、WonderFoxのソフトウェア郡、ということになります。

中でも「WonderFox HD Video Converter Factory Pro」がその目的をバッチリサポートしてくれます。

「WonderFox HD Video Converter Factory Pro」のインターフェイスご紹介

起動する際に表示されるパステルトーンで統一されたカラーリングの「WonderFox HD Video Converter Factory Pro」スプラッシュ画面。

スプラッシュ画面って、ソフトへのドキドキ感が高まると同時にソフトの認知度を高める大事なプロセス。

デザインのクオリティが機能のクオリティに連動してきます。

「WonderFox HD Video Converter Factory Pro」のホームインターフェイスがこちら。

統一されたパステルトーンが特徴的で、女性ウケしそうな色とわかりやすさで親近感が湧いてきます。

変換インターフェイス

一番左のメイン機能となる「変換」クリックで変換用のインターフェイスがこちら。

500種類に及ぶ出力フォーマットが選べるようですが、選択肢が多すぎな印象も正直ありました。

 

しかしビギナーの人って、iPhoneの6用とか、7用とか、各世代ごとになっているほうがより安心するってことはあります。

実際変換する内容がほぼ同じでも、こうして最近機種まで並んでいるとサポートしてるぞって感じで安心です。

ダウンロードインターフェイス

至ってシンプル、URLを貼り付けるだけでほぼ完了します。

4K動画にも対応しているので、重い動画は一度パソコンへダウンロードして見たほうが途切れること無く見られるので安心してみることができますね。

スポンサードリンク

録画インターフェイス

モニターの一部や全画面、さらに良いのは品質を設定出来る点。

Windows10ではシステムに入っているアプリで録画ができるようになりましたが、品質の設定はいじれません。

GIF制作インターフェイス

GIF制作には2種類あります。

動画からGIF制作制作インターフェイス

動画ファイルをGIFにすることで、見せたい部分を繰り返し再生するような画像としてWEBに埋め込むこともできます。

画像からGIFに変換インターフェイス

手描きのイラストをコマ撮りしてアニメにするような場合とか、スチルフォトを何枚も使用してGIFアニメにすることができます。

ツールボックス インターフェイス

ここには4つの機能が内包されています。

写真は動画に変更 インターフェイス

「写真を動画に変更」のほうが良いかもしれません。

これはさっきのGIFアニメと違って動画ファイルとして書き出すのでスライドショー作成の機能です。

なので、「スライドショー」ということでもいいのかもしれませんね。

スクリーン分割ツール インターフェイス

例えば2~4つの動画を同時に再生したい、なんてときに便利なのがこのスクリーン分割ツール。

比較動画を撮影したときも並べて再生する動画の作成もできるので、複数動画ファイルを簡単に一つの動画に変換してくれます。

ベルツールインターフェイス

スマートフォンの着信音を好きな曲のサビ部分にしたいけど、配信サイトで入手できない!なんてときにこれを使えば自分の持っているmp3データから着信音を作成できます。

iPhone、AndroidどちらでもOKです。

まとめと感想

ここまで紹介してきた全インターフェイス。

「WonderFox HD Video Converter Factory Pro」で何ができるのが概ね伝わったのではないでしょうか。

様々な動画や写真データを希望の形へ変換してくれるこのソフト、無料で使える機能もありますが、それには様々な制約がありますので、長い目で見てこれ機能の数々いつでも使えるようにしておきたいと思ったら、買い切りライセンスなので長く使えば使うほど十分に元がとれる計算になります。

無料で便利ソフトを探し求める時間それもまた楽しいから、っていう人にはおすすめしませんが、いつでも高品質に変換、ダウンロード、データの整理をしたい人にはオススメのソフトウェアです。

ぜひ一度触ってみてください。

スポンサードリンク

-Software
-

© 2020 じゃじゃむねっと