そしてこうなったのでした。

じゃじゃむねっと

Software

Netflixが熱すぎるぞっ!2019年の新作ラインナップ

投稿日:

2019年のNetflixは想定外にパワフルなドラマが揃っている

2019年になっても、ネット配信の動画はNetflixをはじめ、amazon、Huluを利用していますが、やはりいちばんよく利用するのがNetflix。そして2019年嬉しい新シリーズが続々きました。

一番うれしかったマーベル「パニッシャー」シーズン2

まさかフランクにまた会えるなんて!!

2018年想定外にハマったNetflixオリジナル「パニッシャー シーズン1」。

シーズン2への繋がりは全く無かったシーズン1を見終えて何度も見ては時折涙したパニッシャー。

シーズン2では盟友との再開(というより再戦)、新しいやんちゃすぎる女の子キャラ。

フランク以外おなじみのルッソ(ジグゾウ)、マダニ捜査官、マホニー警部、などの面々が新たなトラブルへ巻き込まれていきます。

ジャスティス・リーグじゃないがDCコミックのダークなチームを描いた「タイタンズ TITANS」

ジャスティス・リーグがバットマン中心なら、タイタンズはロビンが中心となって4人のダークなキャラが活躍するダークな大人向けのドラマ。

マーベルもいいけど、やっぱりDCコミックもいいね!スーサイド・スクワッドほど悪ばっかでもないけど、そうかと言ってド派手なアクションは無いシリーズで、ロビンの次に中心人物的なキャラが可愛い少女のレイチェル。

スポンサードリンク

いよいよシーズン2を迎える「スタートレック ディスカバリー」

どの話も粒ぞろいのスタートレック新シリーズディスカバリーが帰ってきました!

シーズン1の続きですが、新たな船長を迎え新たに宇宙へ旅立つディスカバリーのクルーたちを描くシーズン2。

オリジナル映画も見逃せないラインナップ

テレビCMでも劇場映画の宣伝並みに見入ってしまうNetflixのオリジナル映画。

サンドラ・ブロック主演で話題となった「バードボックス」

アメリカでは映画の内容を真似て、目隠しをして動き回る若者がいたりしたそう。

普通の中年おじさんが超能力者に?!「サイコキネシス」

突然の念動力に目覚めてしまう韓国映画。映画のクオリティは韓国って素晴らしいと思いますが、Netflixで配信のオリジナル作品でも、韓国作品見逃せない面白さです。

まとめと感想

Netflixでは引き続きオリジナル配信と合わせて、ほか話題となった映画作品をいち早く取り込んでくれるので、月額1000円程度でこれだけのラインナップであれば、もうほかは全く太刀打ちできないのではと思ってしまいます。

「レディプレーヤー1」、「パワーレンジャー」、どちらも最高によかったです。

 

スポンサードリンク

-Software
-

Copyright© じゃじゃむねっと , 2019 All Rights Reserved.