そしてこうなったのでした。

じゃじゃむねっと

Mac

BootCamp使用歴6年、各種設定自分的最適解

更新日:

BootCampと仮想化ソフトの用途

BootCampか、仮想化ソフトか。両方メリット・デメリットがありますが、それはどんな使い方をするかによって意見が別れます。

BootCampはMacをほぼ介さずにWindowsを起動しますが、仮想化ソフトのParallelsやVMwareなどは、MacOS起動の上に仮想OSをとしてWindowsを起動します。なので、基本MacOSでの作業がメインだけど、時折WindowsでEXCELファイルを開きたいだけ、とか、または双方(Mac、Windows)のOSにしかないソフトウェアを常に同時使用したいという状況があれば、仮想化ソフトを使うメリットは大きくなります。

Parallelsなどの仮想化ソフトを推奨する人たちは、再起動なしでWindowsに切り替えができる素晴らしさを語りますが、MacBook Air、MacBook、MacBook ProなどSSDを起動ドライブとしている最近のハードウエアで再起動は正直苦になりません。

自分としては仮想化ソフトを使用することでMac、Windows両方のOSを起動して無駄にハードウエアのリソースを使っていることのほうがストレスになります。

BootCampは無料でも、あったほうがイイ有料ソフト

BootCampは無料で使い始められますが、仕事で使う場合は別途用意したほうが良いソフトまとめ。

Winclone(ウィンクローン)

1つ目はバックアップソフトのWinclone(ウィンクローン)。BootCampのパーティションをそっくりそのままバックアップできるので、間違ってBootCamp領域のパーティションを削除しても復元ができます。また、あとでBootCampの容量割合を多めに変更したい場合などにも使えるので、すぐに使うものでは有りませんが、仕事で使う場合はぜひ用意しておきましょう。

ウィンクローンのサイト

Microsoft NTFS for Mac by Paragon Software

2つ目はMacからWindowsへフルアクセスするソフトとWindowsからMacへフルアクセスするソフトで、Microsoft NTFS for Mac by Paragon Software(2160円)と、APFS for Windows by Paragon Software(7024円)。用途によっては必要ないかもしませんが、あるととても便利で、買切りライセンスですから、新たにMacを買い替えても使い続けることができ、永く使う事が可能です。とりあえず安いMicrosoft NTFS for Mac by Paragon Software(2160円)だけにして、書類置き場をBoot CampのWindows側に置くというのもアリでしょう。

Microsoft NTFS for Mac by Paragon Softwareのサイト

AppleKPro(アップルキープロ)

3つ目は必要な人のみ。Macのキー配列に慣れている人には必須で、Boot CampでWindows起動をしても、Macとほぼ変わらないショートカットが使えるようになるドライバーソフト「AppleKPro」これのおかげでWindowsでもMacのキー配列、スクリーンショットのショートカットなどがそのまま使えます。買い切り数千円なので、Macになれている人には特におすすめです。2012にAppleK BC for 7/Vista 64bitを購入した金額が2079円(税込)だったので、今は(総額)7655円と、だいぶ高くなっちゃいました。

AppleKProのサイト

スポンサードリンク

機種ごと、使用用途ごとに容量目安まとめ

BootCamp割合のイメージ

MacBook Air 64GB

日常の実用レベルでは、この容量でBootCampの設定は通常しないでしょう。
レアケースとして友人から貰い受けたがMac側をほぼ使用しない、Windowsノートとして使用したい、といった場合、BootCampの設定を40GB程当てて、常にWindowsだけ起動するということも可能です。

MacBook 128GB

MacBookやMacBook AirはMacBook Proと比べると非力で容量が少ないので、このハードの場合は映像編集、3DCG制作などには不向きと言えます。事務作業や、Web Design、プログラミングといった比較的軽いデータを扱うには十分。扱うデータ量が少ないので、使用頻度の割合やどちらのOSを好むかでBootCampの容量を決めればいいでしょう。Mac作業がメインであればBoot Camp領域を60GB程度がオススメです。

MacBook Pro 256GB

MacBook Proはデスクトップと比べての処理が速く、高いスペックなので映像編集などする場合は扱うデータが膨大となり、256GBでもすぐにいっぱいになってしまいます。映像編集もしたいし、WindowsにしかないPC用ゲームもしたい、という場合は、BootCamp領域を80GB程度がオススメです。

MacBook Air~MacBook Pro カスタマイズ 512GB~1TB

カスタマイズして容量を増やしている場合は、どちらでも充実した環境の構築ができます。512GBの場合は、BootCamp領域を200GB当てても、Macサイドで300GB程度使えるので、どちらも十分。1TBであれば、半々も双方に500GB程度当てられるので、2台分の高スペックノートを手にすることができて最強です。

まとめと感想

自分も以前は仮想化ソフトを使っていた時期があります。その時はVMWare Fusionを使っていましたが、今はBootCampに落ち着いています。

それは自分的には仮想化をするほど両方のOSを同時に使用したり、頻繁に行き来することはなく、どちらかに定住しての作業がメインだったから。そしてその割合が圧倒的にWindows寄りだったから。

なので、Macを起動した上に起動するWindowsで無駄にリソースを消費するのが気持ち的に嫌だった。そしてBootCampでは上記のソフトを導入して、バックアップの心配もなく、時折起動したMacからもWindowsデータへアクセスでき、Macのキー配列を使えて、さらには必要に応じてパーティションの割合を変えることも出来るので、全く不便を感じていないどころか、気持ちよく使えている状況です。

ここはケース・バイ・ケースだと思うので、ご自身の状況に合わせてハイブリッド環境構築されてみてください。

スポンサードリンク

-Mac
-

Copyright© じゃじゃむねっと , 2018 All Rights Reserved.