そしてこうなったのでした。

じゃじゃむねっと

ハードウェア

JAPANNEXTの27インチ4K液晶は買い?購入検証

更新日:

DELLの23インチ液晶モニターをメインで使用しながら、サブもDELLで20インチ液晶モニターをつかっていましたが、メインのモニターをJAPANNEXTにチェンジしました。

下はチェンジ前の様子。↓↓

23インチと20インチのDELL液晶モニター

買い替えて、古いモニターは倅(せがれ)へ

「ゲームができるノートパソコンの中古って売ってないの??」と、中学になる倅。

「あるよ、でもそれならCPUとメモリーがあるから、中古マザーボード買ってタワーPC組んだほうが安上がりで高スペックにできるよ・・・」とほくそ笑む自分。

「・・・?」倅

お下がりを倅へ委ねてモニター他、諸々購入

そんなわけでせっかく買うなら自分が使っているものを買い替えて、倅に色々お下がりを使ってもらう魂胆。

液晶モニターDELL23インチで入門PCなら十分だろや!

というわけで自分はこの際、ということで4Kモニターへアップグレード!

正直4K液晶モニターの必要性は特に感じていませんでしたが、ひとつ4Kで試してみたかったのは、iPhoneで撮影した4K動画を4Kモニターで見てみたい、という事ぐらい。

iPhone上でもピッチして拡大してもきれいな様子は十分にわかりましたが、ちゃんと4Kで見てみたい。

いまどき4K解像度の液晶モニターってどれぐらいするんだろう??と思いつつ、ググってみる。

JAPANNEXTというメーカー、知ってました?

やはりいいもので安く済ませたいというのが正直なところ。

で、たまたま別な用事でビックカメラへ行った際、ついででなんとなく見ていた液晶モニターコーナーのJAPANNEXTという目新しいメーカー名&値段が他より安かったことを思い出しました。

リビングにあるパナソニックTVも実は調子が悪く、安い液晶TVを探していたら、楽天市場で売っていたmaxzen(マクスゼン)という聞き慣れないメーカーを知ったばかりだったんですが、PC用モニターでも聞き慣れなかったJAPANNEXT(ジャパンネクスト)とは一体?

マクスゼンTV

なかなか素敵な商品キャッチコピーで、自分にはずっぽし響きました。

スペック、値段とも安めで品質的に問題なければこれでいいという感じの内容。

ビックカメラで独占販売の液晶モニター

↑↑※https://pc.watch.impress.co.jpの記事より

なるほどビックカメラと共同開発ということ、言ってみればビックカメラのプライベート・ブランド的な感じなのか?

なんにしても、実際にビックカメラで改めてちゃんと見て決めるほかない。

他社メーカー同等の液晶モニターと比べて、スペック的に一番開きがあったのがコントラスト比。例えば他社製品最近のものでコントラスト比5000:1(DCR オン時80,000:1)、みたいな数値のところ、このJAPANNEXTの液晶モニターではコントラスト比1000:1。

これがどれだけ影響するのか調べても文章ではよくわからなかった。

池袋のビックパソコン館で実際の商品を見てみたところ、暗いこともないし、色が悪いこともなし。店頭で競合他社製品と比べてなんら遜色が無いことを確認。

あとは寿命がどの程度かってこともあると思いますが、ビックカメラ共同開発ということであれば、イメージを悪くする粗悪な製品ではないはず。

最初は上記の27インチWQHD(2,560×1,440ドット)で4Kよりは画素数が落ちるけど十分かとおもっていましたが、先のiPhone4Kムービーのことを思い出してここはやはり27型ワイド 4K 液晶ディスプレイ 狭額フレーム AMD freesync UHD PCモニター JN-IPS2770UHD ブラックに決定。

27インチ4K液晶 JAPANNEXT

外観比較(DELL23インチとJAPANNEXT27インチ)

在庫もあったので、そのまま持ち帰りました。今どきの液晶モニターってえらく軽い!

持ち帰ったJAPANNEXTモニター

さあ、23インチのDELLと比べてどれ位大きなるのか?!

DELL23インチとJAPANNEXT27インチの比較

お・・?意外と大差ない?

23インチ=58.42センチ。

27インチ=68.58センチ。

4インチの差=10.16センチの差で、その対角線となる違いって並べてみるとこんな感じでした。

さらにJAPANNEXTのほうが縁が半分以下の細さになっていることもあり、全体的なサイズとしてはそう変わらな感じに見えるんでしょう。

接続部分比較(DELL23インチとJAPANNEXT27インチ)

まずはDELLから。アナログ入力端子デジタルの端子まで3種類の入力ポート。DELLの裏面ケーブル接続部分。この当時はまだHDMI端子はなかったようです。

スポンサードリンク

DELL23インチ液晶モニタ裏面

そしてJAPANNEXTのモニター裏面はシンプルな4つの入力用ポートが並んでいました。

設置してモニター正面からケーブル接続しようとすると、結構大変なので、先にケーブルを繋いだほうがいいかもしれません。または下から手鏡で覗きながら繋ぐかです。スピーカー内蔵しているので、付属のリモコンでもボリューム調整OK。

モニター接続部分

まとめと感想

新しいデバイスでいろいろと設定を変えないとならない部分があったり、新しい環境になれるまで時間がかかると、今回はとくに不具合や不満があったわけではないので、前のままでもよかったのに、なんて思ってしまいます。

子供へお下がりでこのモニターを渡すならグレードアップをはかろうというぐらいだったわけで、だったら4K解像度が可能でも以前のままのHD解像度(1920×1080)で表示してればいい話。

なのですが、実際4Kにしたことでデメリットありつつも、いろいろメリットがたくさんありましたので、そのあたりのことはまた近々別な機会に投稿したいと思います。

いやーー4Kいいです。そして本体が軽いのも結構メリットですね。

↓↓ 型番変わって、今は以下が27インチ製品ですね ↓↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

JAPANNEXT JN-IPS27FLUHD(27型ワイド液晶モニター・ディスプレイ/ノングレア/4K対応) (JNIPS27FLUHD)
価格:40467円(税込、送料無料) (2019/1/7時点)

楽天で購入

 

 

追伸〜2019年1月

DELLのモニターからJAPANNEXTにメインを切替え早半年以上経過しました。

サブモニターがDELL20インチ(1600px ×1200px)で、Windowsのメニューバーなどサイズ感的に丁度いいので、そこへ合わせるべくJAPANNEXTのメインモニターの設定は(2560px ×1440px)にしてベストセッティングで落ち着いています。

解像度セッティング

最初は4Kを生かしたい気持ち満々だったので(3840px ×2160px 推奨)で、拡大縮小とレイアウトを150%にしていましたが、使っているアプリによっては150%の設定にならない部分が多々あり、(2560px ×1440px)で拡大縮小とレイアウトを100%にすることでそれらの問題はクリアできました。

ここで気になる点、(3840px ×2160px 推奨)でない(2560px ×1440px)の設定にしたときにアプリやフォルダアイコン、そしてなによりそれら名称のテキストがボケた感じの表示にならないか?という点。

27インチの液晶表示部分のサイズを測ってみると、およそ幅596ミリ高さ334ミリ。ということは596ミリの中に3840個の四角が横に並び、2160個の四角が縦に並んで表示がなされていることになります。

596÷3840=0.1552083333333333ミリ

334÷2160=0.1546296296296296ミリ

定規を当てて測ったのでピクセルの縦横サイズが0.0005787037037037違ってしまいましたが、1ピクセルの縦横サイズがおよそ0.155ミリということになります。※163PPI

その細かさで推奨ではないサイズ設定の表示では、ボケているんんでしょうけど、目視でまるで気にならないレベルでした。

おそらく今後もこのままの設定がベストであることに変わりはなさそうなので、27インチの解像度的にはJN-IPS270WQHD(2560px ×1440px 推奨)モデルでもOKかもしれません。※このモデルは入力端子がHDMI×1、DP×1、DVI×1

飛躍的に大きな4K液晶でパソコン操作をしたいなら、32インチ以上がいいかも。→ 32型ワイド 液晶ディスプレイ 4K HDR対応 AMD freesync UHD PCモニター JN-IPS32B4KHDR

スポンサードリンク

-ハードウェア
-

Copyright© じゃじゃむねっと , 2019 All Rights Reserved.