そしてこうなったのでした。

じゃじゃむねっと

Mac

アップルでWindowsPC下取り額がひどすぎる件

更新日:

ちょっとひどいんでないかい、その金額設定は。冗談なの?

ざっくり過ぎる下取り金額設定でWindowsPCを嘲るアップル

アイマックプロ

メールでお知らせが来たiMac Proのお知らせ。iMacも個人的には全然欲しいと思わないところに、iMacProっていうのもどうもしっくりこない。

iMac=一般向け、万人向け。

MacPro=クリエイティブな現場のプロ向け

という認識だったのが、iMac Proっていう立ち位置がよく分からない。素人だけどプロ。プロだけど素人。素人っぽいプロ。プロっぽい素人向けという感じ。そうなるとMacProは超プロ用。

iPhoneProっていうのが出るなんて噂もありましたが、なんかそれに近いのが出た印象。

と、話がそれましたが、上記メールでの案内の下にあった下取りに出して新しいMacへ、というリンクをクリック。

リンクで飛んだ先のAppleサイト。お~、最大10万円で下取りって凄いね。ってでも、最大ですから。

MacProって50万以上してたりもするので、それが10万円になるような下取りに出すかな。自分だったら出さないで持ってるか、別な手段で手放すと思う。

そしておおよその下取り額でApple製品が最低でも30000円になっている中。右下を御覧ください。

最大500円。最小でないですよ、最大で500円。

これAppleがWindowsPCを嘲てる以外のなにものでもないと思えてしまう設定。

スポンサードリンク

ちょっとひどくないかい。だったらApple製品だけ下取るとか、もうちょっと詳しく聞いてくれて、Surfaceとかだったらもっと高値になるだろうしと思うのは自分だけではないはず。

はい、オンラインの質疑応答で見積もってもらいました。これ、ザックリな質問だから、超古い自作のPCとか送ったら、買取不可とかで送り返してくるんだろうか。査定結果によって変わる場合があるっていってるけど、査定結果によって送り返す場合があるとは書いてないから大丈夫か。自作ではサードパーティ部品扱いでそもそも下取り対象外というニュアンスが濃厚なので、十中八九ダメっぽいのでやめておきましょう。

まとめと感想

コレ見てWindowsからMacにしようって思う人はいないでしょうし、Macを使っている人がこの設定みてMacへの印象ってどうなんだろうと思ってしまう。

自分は正直、これみたらいい気持ちはしないです。Appleに対していい印象にはならない。

MacBook AirにはBootCampでWindowsいれて使っているし、今この投稿記事を書いているのもWindowsPC。もちろんMacも使うし、Macのほうが優れているところもたくさんあるし、MacOSがあってのWindowsOSという生い立ちや、ビル・ゲイツがいろいろMacOSをパクった様子はジョブスの映画でも見ているので何となくは知っていますが、こんなところでその怒りを出してこなくても、って思えてしまう。

Windowsは最初からまともに買い取りする気がないなら、こんな設定で買い取りしないほうが良いと思う。一部のWindowsPCって、どのあたり?確かに自作もできて、アップル以外のWindowsPCと言ったらピンきりで一部という表現をしないとゴミ同然のWindowsPCがあることも事実と思うけど、だったらその辺りも詳しく書いてれたらいいのにそれもない。

「今お使いのMacまたはWindowsパソコンを下取りに出すと、最大100,000円割引になります。」

って上記だけみると聞こえはいいですが、別な言い方をすると、

今お使いのWindowsパソコンはどう頑張っても500円以上での買い取りはできません。Macだったら200倍の100000円で買い取りができる場合もあります。

あーあ、やっちゃってるなAppleでも。って第一印象の今回の買い取りプログラム。

iPhone Xもやっちゃった感があるApple。

そしてHomePadも出遅れ感も大きいApple。

ジョブスなきあとのAppleにこのまま栄光はひかり続けられるのでしょうか。不安になります。

スポンサードリンク

-Mac

Copyright© じゃじゃむねっと , 2018 All Rights Reserved.