Mac

iosbookがあるもう一つの世界へ行ってみた

並行宇宙、パラレルワールド。

もう一つの世界で見たこちらの世界ではありそうで無かったもの。

ノートパソコンとタブレットの今

マイクロソフトのサーフェースはタッチスクリーンが搭載された人気ノートPC。

そして同時に人気のWindowsタブレット。

アンドロイド端末は世界ナンバーワンシェアのオープンソースOS。

スマートフォンに始まり、タブレット、テレビ、カーナビ、そしてノートパソコンでも人気が出てきました。

小学校では管理がしやすく人気なのがChromebook。

並行宇宙のノートパソコンとタブレット

iPhoneはiOSを搭載した大大大人気のスマートフォン。

スポンサードリンク

そしてiPadはiOSを搭載した大人気のタブレット。

そして。iosbook というネーミングはそのまますぎる。

iOSとMacOSが融合のシステムを搭載した新しいノートパソコン「ibook2021」

マイクロソフトサーフェース同様、ノートパソコンでありながら、タッチスクリーン対応でタブレット的にも使える端末。

Macで使えるソフトウェアがタッチスクリーンであらたなユーザー体験になる。

サイドカーで実現していたことをノートパソコンだけで。

Macであり、iOSであり、ありそうで無かった端末。

まとめと感想

みたいな夢を見ました。

M1チップを搭載したMacBookはiOSとの融合が図られましたが、タッチスクリーンにするのはiPadを喰う話になるので、しない、ということでしょう。

もっと別な並行宇宙ではまだブラックベリーが元気だったり。

ファイヤーフォックスOSが人気だったり。

ほか何もなく、トロンOSだけだったり。

はたまた全く知らないOSだらけだったりするんでしょうね。

スポンサードリンク

-Mac

© 2021 じゃじゃむねっと