そしてこうなったのでした。

じゃじゃむねっと

Software

Affinityは過去のAdobeとして見る

更新日:

Affinity(アフィニティ)はAdobe(アドビ)のPhotoshopやIllustratorに真っ向勝負を挑んでいる新進気鋭のソフトウェアメーカー。

iOS用アプリを突破口にしたAffinity

MacやWindowsでは、まだまだAdobeのシェアを奪えるはずもない状況ですが、iOSでは形勢逆転、敵なしの状況になったAffinity。

その状況をAdobeも黙って見てはいられないようで、iOS用の本格グラフィックアプリのリリースを目指しているとの噂があります。

Adobeはパソコンとタブレットの差別化からiOSだけでも完結できる本格的グラフィックアプリのリリースをしていません。Android用ももちろん同様であくまでもパソコンがメインと捉え、タブレットはそれをサポートするデバイスと見ていたのでしょう。無料の制作補助的なアプリばかりリリースしています。

しかし以前、1000円有料買切りライセンスのiPad用Photoshopその名もPS Touchをリリースしていた時期がありました。App Storeで購入してiPhone、iPadのiOS上でPhotoshop操作を再現できるPS Touch。

パソコン版はAdobe Creative Cloudとなり、月額・年額サブスクリプションへライセンス移行、そしてiOS11になった時にPS Touchの開発サポートを終了、PS touchは無かった事なりました。

そして2018年現在。

AdobeがiOS用本格グラフィックから退くことに反比例するように開発を推し進めてきたAffinity PhotoとAffinity Designer。

パソコン用においてもAdobeが月契約サブスクリプションになった事で、買い切り数千円のパソコン版Affinity PhotoとAffinity Designerが一気に注目される事に。

これでパソコン、タブレットで一気に形勢逆転となるのでしょうか。

初動はどこも買い切りでスタートする

Adobeは20年以上に渡って長らく買い切りライセンスでしたが、CS6のリリースで買い切りライセンスを終了、以後はCreative Cloud版の月・年契約のみに移行しました。

海外のウェブ制作現場では、Mac用のsketchというソフトが買い切り数千円で台頭してきましたが、シェアが増えたところで買い切りから年間契約に切り替わりました。

最初は買い切りでとにかく安くし、できるだけ多くの人に使ってもらい、良さが伝わりユーザーが増えたところで、ライセンスを買い切りから月契約や年間契約のライセンスに変えて収益の安定化を図る。

今ではどこのソフトウェアメーカーでもそうした流れを目論んで開発しているのです。

Affinity PhotoとAffinity Designerの現状

そんな流れを見て、Affinityの現状、今は安く多くの人に広める時期といえます。買い切りでApple Store購入ならログインしたマックに何台でもインストールできる状況。

スポンサードリンク

そしてユーザーの数がある数に達した時、ライセンスが買い切りから月契約・年間契約に切り替わる。その金額がどれぐらいになるかはまだわかりませんが、間違いなく買い切りライセンスより高くなるでしょう。

今後を見据えて選択する

 

Adobe and Affinity

ソフトウェアメーカーの思惑十分理解した上で、Adobeを使い続けるのか、AffinityでもAdobeと比べて遜色が無いかを見極めていく必要があります。

また一からAffinityのアプリ・ソフトウェアの使い方を学習してまでもAdobeからAffinitに変える価値と信頼があるか。

まとめ 日本語フォントの扱いに長けているか

英語圏であればAffinityのほうが勝っていると、簡単に言える状況かもしれません。

日本語はアルファベット・約物に加えて、漢字・ひらがな・カタカナなど、多言では見ない様々なフォーマットを有した言語の一つです。そんな日本語をベースとした日本語フォントの扱いをどれだけ自由に処理できるか。

Adobeが20年以上かけてユーザーの声を拾い進化させてきた状況を見ていると、Affinityが同じように日本語フォントをしっかり使いこなせるようなソフトに仕上げるまでには、まだまだ多くの時間がかかるでのはないかと思えてしまいます。

そしてその使い方を同じく20年以上かけて覚えてきた先輩ユーザーたちが、後輩世代に伝える手段をAdobeからAffinityに変えるまで、どれ位の時間を要するのか。果たしてそんな事(AdobeからAffinityへの業界標準移行)ができるのか?

そんなことを思いつつ、個人ユースとしてAffinityのソフトもMACへインストール、挙動の違いを楽しみつつ、今後を見ていきたいと思います。

追伸 Affinity Publisher ベータ版リリース

登録していたので、新しいソフトウェアのお知らせがメールで届きました。

Affinity Publisher beta!

パブリッシャー(Publisher)をそのまま訳すと、出版社とか発行者。

Affinity Publisherの機能をメールで拝読すると、ウェブ(対Dreamweaver)にも、動画にも(対Premier)、印刷はページ物(対InDesign)でも対処できるというニュアンス。

ベータ版は英語版だけのようですが、気になるので早速Downloadしてみます。

スポンサードリンク

-Software
-,

Copyright© じゃじゃむねっと , 2018 All Rights Reserved.