そしてこうなったのでした。

じゃじゃむねっと

DTP

イラレで色々なフォントを見たいから

投稿日:

WindowsでDTP事をする人にとっては当たり前なことかもしれませんが、illustratorでインストール済みで使えるフォントを色々見てみたいときにどうしているか?

Macでは予め同じ文章をコピーしておいて、1つずつフォントを選び直してみることをする。

でもWindowsでは、下の画像のような状態で、入力した文章をアクティブ(選択)にしてフォントメニューにカーソルを置いて(ブルーに反転された状態)で「↑」とか「↓」のキーを押すと使用できるフォントを切り替えてくれる。

イラレでフォントを切り替える

これって元々MacDTPユーザーの自分にとってはちょっと衝撃でした。

スポンサードリンク

まぁ、Macの場合はOSXであれば、フォントブック、OS9であればフォントビューワーを入れれば同じことはできるし、有料だけどAdobeATMDeluxeや、suitcaseでも同様の事はできる上、フォントをアクティベートをリアルタイムに管理もできるので、フォント大好きで仕事をしているひとであれば、有料でもできる限り良い環境にしているひとが多いんでしょう。

とはいえ、無料で簡単にイラレだけで打ち出したい文章でフォントを矢印キーだけでくるくる変えられるティップスはお手軽便利でオススメです。
2011.9追記
フォントワークスが無料でフォントビューワをリリースしてくれていました。
フォントワークスと言えばモリサワの次のシェアを誇るフォントメーカーで、フォントはもちろん有料ですが、ビューワーは無料でMac用、Windows用あったので、これはオススメです。
LETS FontACE Lite(フォントエース ライト)
※フォントライセンスプログラム「LETS」の会員様に向けてリリースしているユニバーサル フォント管理ツール『LETS FontACE』の機能限定版とのことですが、十分使えますよー。

2012/11/09追記
Mac版もCS6から今までのWindows版同様に、矢印キーでフォントが見られるようになったそうです♪

スポンサードリンク

-DTP
-

Copyright© じゃじゃむねっと , 2018 All Rights Reserved.