そしてこうなったのでした。

じゃじゃむねっと

生活

ブラック缶珈琲のメーカーに問い合わせてみました

更新日:

ブラック缶珈琲はシンプルに水とコーヒーだけで出来ていて欲しい。

そんな思いで商品選びをする際にチェックするのは原材料。ブラック缶珈琲の必要最低限な原料表示は、コーヒーのみです。

でも実際は、コーヒー以外に、香料、乳化剤、そしてシリコーンが入ることもあります。自動販売機では原材料のチェックはできないので、新商品を買う場合は、コンビニやスーパーなどで事前にチェックしてから買うようにしています。

各メーカーの対応とは

ブラック缶珈琲の原材料にどうしてコーヒー以外のものが入ってくるのか、単刀直入メーカーサポートへ問い合わせてみました。

「ブラック缶珈琲の原材料で、どうして香料がはいっているのか、乳化剤が入っているのか、シリコーンが入っているのか。」

各メーカー返答はみなほぼおなじで、

「法律の範囲において使用しているので何も問題ありません。」という回答です。数社に電話しましたがほぼおなじ、全て女性が電話応対していました。

添加物の内訳は

原材料の表記は、重量が重い順番に表示する、とされています。その割合までは表示されていませんし、聞いても教えてはくれませんでした。健康を害することがない範囲で使用しています。という回答で徹底されていました。

ブラック缶珈琲に入る香料

コーヒー本来の香り、風味を補うために添加。しかし全てのブラック缶珈琲に香料が添加されているわけではありませんから、言ってみればメーカーサイドの色々な都合で添加されているわけです。

ブラック缶珈琲に入る乳化剤

コーヒーと水の分離を避けるためのもの。ミルク成分が入る缶飲料にはほぼ間違いなく入っている添加物で、飲料を飲む際にミルク成分が分離しているとそれ自体問題でなくとも消費者からの苦情原因になりますので、それを避けるために入れられています。ブラック缶珈琲に入れるメーカーは、なぜ入れないといけないのかをしっかりホームページなどでお知らせしてほしいと思っています。

スポンサードリンク

ブラック缶珈琲に入るシリコーン

シリコン入りコーヒーのイメージ

シリコーンが入っているブラック缶珈琲を販売しているのは自分が知る限りでは一社のみ。電話でなぜシリコーンを入れるのかを聞いた所、消泡剤として説明を受けました。生産工程で発生する泡を抑えるためにいれているということでした。缶珈琲1つに対してどれぐらい分量入っているのかを聞きましたが教えてくれませんでした。健康を害することがないとされる基準値を守って入れています、ということでした。

まとめと感想

世界基準に比べて日本は添加物大国と言われることもあるようです。世界では禁止されている添加物が日本では普通に使われていると。その実態は本や、ネットの情報で見れば沢山出てくると思いますが実感としては自分は正直良くわかっていません。とはいえ、気にならないと言えば嘘になるので、自分が購入判断出来る状況では、できるだけシンプルな原材料を最初にきっかけに購入して、あとは実際に飲んだとき僅かな違いの感触を頼りに次の購入基準にしています。

 

スポンサードリンク

-生活
-

Copyright© じゃじゃむねっと , 2018 All Rights Reserved.