そしてこうなったのでした。

じゃじゃむねっと

iPhone

小学校に上がった子供の登下校を格安iPhoneのGPSで見守る最適解

更新日:

幼稚園を卒園した子供が小学校に上がり、園の送り迎えがなくなったのは一つ負担が減ったと思いきや、今度は小学校の登下校が一人では心配!女の子であれば余計に心配な昨今。

GPSで位置情報を常に確認できれば安心ですが、出来るだけ費用をかけずに実現したい。可能であれば以前パパかママが使用していた古いiPhoneを活用してそんなことができれば言うことなしです。はたしてそんなことが出来るのか?自身の体験のもと、手順を見ていきましょう。

以前使用していたiPhoneでGPS情報活用

GPSの機能は携帯のSIM契約が無くてもWi-Fiが繋がっていれば共有できますが、Wi-Fiの無い外ではモバイル通信ができるSIMの契約が必要になります。以前使用していたiPhoneはAU。そうなると格安SIM契約出来る選択肢は現在mineoの一択となります。なぜならAUのiPhone5sではシムロック解除が出来ない。解除できていないAUのiPhone5sでAU回線を間借りしているMVNOではmineoが唯一サポートを表明しているから。
docomoのiPhoneだたら、0(ゼロ)SIMって基本無料のSIMも選べたのに、残念!
ということでmineoの最安データ500MBプランを申込み。今ならAmazonからエントリーパックを購入が安いでしょう。Wi-Fi環境でmineoのiPhone5s用APN設定をダウンロード、手順従いインストール。mineoのSIMが届いたらiPhoneの電源を落としてSIMを差し込む。事前にAPN設定をしていれば、これだけでデータ通信が月々700円で可能になります。

数年使用していた古いiPhoneのバッテリーを自分で交換

載せ替えたバッテリーiPhone5s

載せ替えたバッテリーiPhone5s

格安SIMを導入してもiPhoneのバッテリーが数年経つとかなり弱っていますから、バッテリーフル充電しても、こちらからGPS検索かけることでもバッテリー消耗するので、かなりバッテリーが弱っていると下校時間まで持つか心配なことに。それを格安で解消するには自分でバッテリー交換が一番です。Amazonから2000円程度のiPhone5s交換用バッテリーを注文。

交換手順は「iPhone5s バッテリー交換」で検索すると、詳細な解説ページや解説動画も簡単にヒットします。写真付きなのでとてもわかり易く、手順通りに進めますが、フロントパネルが結構硬い。ネジを外して吸盤をフロンパネルのガラスに付けて引っ張る。僅かにできた隙間に付属プラスチック製のヘラを差し込み、静かにこじ開けるよう徐々に力を入れる。

スポンサードリンク

結局サイドのプラチック部分を破損してしまいましたが、あとで組み上げたらわからないレベルなので、そのまま手順通りにすすめる。バッテリーが特殊な両面テープで止まっているようで、それはYouTubeの動画手順を見ながらやってみましたが見事に失敗。なのでバッテリー下のほうにヘラを差し込み、無理やりなんとか古いバッテリーを外せました。

新しいバッテリーを所定の場所に収め、分解の逆の手順で組み上げる。解説サイトが無かったらほぼ100%分解のみで組み上げは出来ずに終わっていたでしょう。

手順通り、購入したバッテリーに付属の工具でほぼ大丈夫でしたが、先が尖ったピンセットがあるとかなり助かります。

取り出した古いバッテリー、こじったところが曲がっていたので、更に手で曲げていたら一気に熱がこもって火傷しそうになりました!皆さんバッテリーを曲げて遊ぶのはとても危険ですから注意してください。身をもって警告。

iPhoneをGPSのみ使用、学校に持たせるときの設定

通知すべてオフのiPhone5s

通知すべてオフのiPhone5s

学校へは子供の見守り用としてiPhone所持を伝えるものの、iPhoneを持って学校へ行くことは小学1年生レベルではまだ本人には教えたくない。そんな時はランドセルの中でも普段利用しないポケットにiPhoneを忍ばせておく。と、その前にiPhoneの各種設定を確認。小学生では小学生名義のAppleIDが作成できないので、親のAppleIDでそのままログイン。iPhoneの名前をそれと分かるように変更し、「iPhoneを探す」という標準アプリで位置情報を見てみる。しっかり位置情報が確認できたので、バッテリーを十分充電したら、子供に見られないようランドセルのポケットなどへ。

これで子供はiPhoneが手元にあることは全く分からず、常にスタンバイ状態で位置情報が共有できる状態になりました。

まとめ

電車で通う私立小学校などでは、学校出る時通知をくれたりとそうした心配に配慮があるようですが、公立小学校ではそんなお金がかかりそうなことはしてくれません。自身でその点をフォロー出来るよう、しかも古くなって使いみちをどうしようかと思っていたiPhone5sが活用できて、気持ち的にかなりスッキリ、安心した気持ちで見守り体勢を整えられました。子供が大きくなってくればそのまま古くてもバッテリー交換済のiPhone5sでLINEもできるようになることでしょうし、旧iPhone5sが2代に渡って長く活用できますから、機種変更する場合は古いiPhone下取りには出さずに手元に置いておくほうがイイですね。

スポンサードリンク

-iPhone
-

Copyright© じゃじゃむねっと , 2018 All Rights Reserved.